社内恋愛をしたいとき、どのように告白すべきか

社内恋愛をしたいとき、どのように告白すべきか

好きな人ができた。

 

 

これは喜ばしいことですが、社内恋愛だと躊躇する人も多いようです。

 

理由は、もし失敗したり、成功したとしてももし別れたとしたらその後が気まずいから、というものです。職場だと喧嘩をしても毎日顔を合わさなければなりませんし、話すこともあるでしょう。このことから、普通の告白と比べて告白の難易度が高いです。でも、好きという気持ちだけ抱え込んでいては先に進めませんよね?そこで、今回は社内恋愛をしたいとき、どのように告白すべきかをまとめてみました。

 

ストレートに言う派

 

女性からの告白がありかなしかは2つに割れます。最近ではありという人の方が多いですが、基本的には男性から告白してほしいなあと思う女性の方が多いことも事実。願望はそうだけど、自分から言っちゃうということです。
告白をする時に、「好き」ということをそのままストレートに言うのはもっともわかりやすく、鈍感な男性でも響きます。

 

 

後で書きますが、相手に好きと言わせるためにテクニックを使うという駆け引きができない人は、こちらの方がいくらか勇気が少なくて済むでしょう。話したことがある人でなんとなく相手も自分の事を知っている、そんな状態より親密度が上なら、少々びっくりされるかもしれませんが、喜んでもらえるはずです。あなたのことが嫌なら、二人きりになって告白できる空間なんてまず作りませんからね。ただそれを、恋愛対象として見ていると判断するのは早いですが。

 

相手に告白させるよう仕向ける

 

これは恋愛慣れしている人に向いているかも。自分から言って傷つくのは嫌だという人や、相手の気持ちを少しでも知っておきたいという場合に有効です。よくあるのは目線だったりボディータッチですが、あまりしすぎると嫌われることも。だからオススメは、「休みの日は何しているの?」「この映画もう見た?」など、相手のことを聞き、さらにデートに誘いやすい言葉を使うということです。これを、その男性だけにしてください。そうすれば、相手は自分に気があるのかも?とあなたのことを意識するようになります。

 

女性が自分から告白するのは男性よりも勇気がいるかもしれませんね。職場ではあまりプライベートなことはそこまで話に上がらないと思うので、ここはその話題を豊富にすることで相手を振り向かせましょう。女性のアプローチには上記のように2パターンあるので、自分の性格に合った方を選択してみてはいかがでしょうか。"